御歳暮の歴史

定番の御歳暮ではつまらないなあと感じることはありませんか?
ひとひねりあって贈った相手の心に響く、心に残る、相手をほっこり暖かくさせる、そんなありきたりでないお歳暮をセレクトしました。
吟味したお歳暮をきっかけに、より良いお付き合いに繋がればと願います


喜ばれる、心に残るお歳暮をセレクト

御歳暮の歴史

お歳暮の歴史をたどると、ルーツは中国にあると言われています。

中国では、一年の中で1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元とし、
神を祭る日としていました。

こうした中国の風習に、日本古来の祖先の霊を供養する行事がまじったものが、
お歳暮の由来ということです。
この供養の時、先祖にお備えした品物を近所や親類に分けるようになりました。

それから時代を経て、
商人の世界で一年間の感謝を込めて、得意先などに贈られるようになりました。

根本には御歳暮には魂が込められているという考え方があり、
現代では友人関係など世話になっている色々な相手に、
感謝の気持ちとして贈られています。

歴史からわかることは、御歳暮には魂がこもっているということ、魂のやりとり、大切にしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓人とかぶらない、こだわりを贈るなら↓↓↓↓

 

Copyright (C) 2011 喜ばれる、心に残るお歳暮をセレクト , All rights reserved.
お問い合わせ:fannydays@mail.goo.ne.jp