喪中のお歳暮どうすれば良い?

定番の御歳暮ではつまらないなあと感じることはありませんか?
ひとひねりあって贈った相手の心に響く、心に残る、相手をほっこり暖かくさせる、そんなありきたりでないお歳暮をセレクトしました。
吟味したお歳暮をきっかけに、より良いお付き合いに繋がればと願います


喜ばれる、心に残るお歳暮をセレクト

喪中のお歳暮どうすれば良い?

万が一お歳暮を贈る予定の人に不幸があり、喪中になった場合、
お歳暮は贈っても問題ありません。

水引はかけないようにし、簡素に"お歳暮"と書いて贈るよう注意します。
また、お歳暮の時期直前にご不幸があった場合は、49日の法要が済んでから贈ります。
年明けになる場合は、寒中見舞いとして贈りましょう。

ただ、ご不幸から日が浅い時は、相手の気持ちを考えてお歳暮を控えることも考えます。

お歳暮は、毎年必ず送らなければならないものではなく、相手を想う心を贈るものですから、喪中の場合には、何も贈らなくても電話や手紙で心を伝えるということの方が相手の心に届くこともあります。

逆に贈り主に不幸があった場合も49日の法要後に水引をかけずに贈るとよいです。
この場合は、お歳暮を準備する余裕などないこともあるでしょうから、
親戚や友人など事情を理解している相手にはお歳暮はお休みしても構わないでしょう。


 

 

↓↓↓↓人とかぶらない、こだわりを贈るなら↓↓↓↓

 

Copyright (C) 2011 喜ばれる、心に残るお歳暮をセレクト , All rights reserved.
お問い合わせ:fannydays@mail.goo.ne.jp